スマホのヘッドセットは、耳掛け型のBluetooth接続がおすすめ

スマホは、現代人にとって、情報取得やコミュニケーションを図る為のツールとして優れています。
インターネットに手軽に接続出来る為、様々な機能を活用でき、ユーザーがいつも使っているオンラインサービスを直ぐに利用出来ますので、車でも使いたいといった人は多いです。
しかし、スマホをしながら、操作をするのは、法律で禁じられていますので、近年では、スマホ向けのヘッドセットを使って、通話などを行えるようになっています。

 

ヘッドセットでオススメの物は、耳掛け型のBluetooth接続の物です。

 

非常にコンパクトであり、車の操作の邪魔にならないというメリットがあります。
また、両耳タイプと片耳タイプがありますが、車の運転中に使うのであれば、片耳タイプの方がもう片方の耳で外の音を聞く事が出来ますので適しています。

 

片耳タイプには、オシャレな物もありますので、デザイン性を重視する人にも良い選択です。
ナビゲーションアプリや検索エンジンなどは、音声での操作に対応している物もありますので、スマホを直接操作しなくても、音声入力を行う事で車の運転中に安全に利用する環境を提供しています。
ヘッドセットの購入は、大手家電量販店やPCショップやオンラインショップで出来ますので、入手性が高いです。

 

ちなみにこのページを作っている時の人気ランキングとしては

 

ソニー MDR-EX31BN

 

騒音を約98%カット(※メーカー測定)するワイヤレスのノイズキャンセリングステレオヘッドセット。
周囲の騒音を分析し、3つのモードの中から最適なモードを自動で選択する「AIノイズキャンセリング機能」を搭載。
ドライバーユニットを外耳道に対して垂直に配置する装着方式「密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー」を採用している。

 

 

ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Ear Duo XEA20

「デュアルリスニング」に対応した左右独立型ヘッドセット

 

Plantronics M70

音声アラートや使用状況通知の言語を、英語、日本語、韓国語から設定できるBluetooth対応ヘッドセット。
スマートフォンに触れることなく、ヘッドセットのボタンから音楽再生時のトラック操作や音量調整が可能。
ペアリングした端末が通信範囲外になると節電機能「DeepSleepモード」が動作し、バッテリーを最大6か月間持続できる。

 

 

 

でした。ノイズキャンセリングは電車通勤している人には欠かせない機能ですよね〜。